ごあいさつ

 日本は、かつて経験したことのない少子高齢化社会に入っています。
多くの中小の企業は、慢性的な人手不足に陥り、海外の人材に頼らなければならい会社も少なくありません。
しかし、外国人の方を採用しても、日本人と外国人では、人生観や仕事に対する考え方が大きく異なるため、日常生活や職場でのトラブルが絶えません。そんな世の中を少しでも良くしたい。その想いで日本ビジネスマナー教育株式会社を設立致しました。
 私共では、これから来日される外国人方々や、在日外国人の方々に、日本の文化や日本で生活する上で守らなければならないルール、ビジネスマナーなどを学んで頂くためのテキストと講座を提供させて頂いております。
 また、日本で働く外国人の方々を管理監督する立場の皆さまに、在留資格や技能実習制度、外国人を雇用する上で守らなければならないルールなどを学んで頂くためのテキストと講座も提供させて頂きます。
日本人と外国人の皆さまが共存、共栄できる日本の社会を目指し、私共は日々、精進して参ります。

代表取締役 佐々木 敦也

日本ビジネス能力認定協会


JBAAの運営

日本の文化は、歴史的、地理的背景により、諸外国の文化と比べて大きな違いがあります。そして、多くの日本人は、その違いに気が付くことがありません。したがって、日本人は、日本の文化を外国人にも受け入れてもらえると頭から思ってします。
しかしながら、日本文化とは異なる文化で育った外国人が日本の社会で活動すると、文化の相異に起因して色々なトラブルが発生します。 ですから外国人が日本社会に溶け込むためには、「日本の文化と母国の文化はどう違うのか」、「何故違うのか」を知る事がベストであると考えます。
私共は、外国人実務能力検定(PATF)をきっかけに、日本国内と海外の日系企業で仕事をされる外国人の方々に、日本の文化や日本のビジネスマナーを正しく理解していただき、外国人の方に本来の力を充分に発揮する事が出来るようにする事が最大の使命であると感じています。